インフルエンザにならないための予防

お教えします!

外出時のインフルエンザ予防法

外にいる親子

空気が乾燥し始める時期になるとインフルエンザが流行り出します。インフルエンザは普通の風邪とは症状が違い、高熱が出て関節が痛んだり頭痛、倦怠感などの症状が現れるという特徴があります。
子供やお年寄りは症状が重たくなることがあるために感染しないように予防することが大切なのです。
予防する方法はいくつかありますが、基本的に感染するのは飛沫感染か接触感染ということになります。飛沫感染というのは感染者の咳やくしゃみによってウィルスを含んだ唾液が飛んでしまい、それを吸引した人の体内に入り込んで感染します。
接触感染は感染者の手についているウィルスがドアノブやボタンなどに触れて、そのドアノブやボタンを触った人が口や鼻を触ってしまいその粘膜から感染してしまうことになります。
いずれも外出時に感染してしまうことが多くなるために外出時の予防法が必要となります。人ごみや電車の中などはマスクをしておくことが大切です。
もうひとつは手をよく洗うことです。インフルエンザなどのウィルスは簡単に取れないために丁寧に水で流しながら指の間なども含めて洗うことです。
インフルエンザ予防に効果が高いものとして予防接種があります。予防接種をすることで、もしインフルエンザに感染しても発病する可能せいが低くなるということと、症状も軽く済ませることができるのです。
ウィルスは空気が乾燥すると飛びやすくなるために加湿器などを使用して部屋の湿度管理を行うか、喉を乾燥させないようにすることです。
そして体力を維持しておくことです。疲れていたり栄養バランスが偏った状態では抵抗力が弱くなってしまい感染しやすくなるために日頃から十分に睡眠をとってバランスのとれた食事を行うことです。