インフルエンザにならないための予防

お教えします!

インフルエンザの家にいる時の予防法

家の中

インフルエンザが流行りだす時期がありますが、これは空気が乾燥してくる時期から流行り出します。インフルエンザはウィルスによって感染してしまい発症すると高熱や関節痛、頭痛、食欲がなくなるといった症状が現れます。
気をつけなければいけないことは高熱によってインフルエンザ脳症など起こしてしまうことがあるため、予防と早めの処置が大切です。
予防方法についてはまず感染経路を知っておく必要があります。インフルエンザウィルスは空気が乾燥するとウィルスの水分も乾燥してしまい浮遊しやすくなり拡散してしまいます。特にインフルエンザにかかっている人が咳やくしゃみをすることで感染する飛沫感染と、ウィルスが付着している物に触ってしまい手から口や鼻の粘膜から感染してしまう接触感染というものがあります。
そのため外出や人混みがあるところはできるだけ避けるという事が予防の基本ということになります。外出や人混みのあるところに行く場合はマスクをするということと手洗いをするということで予防します。マスクは口や鼻の粘膜を保護するという役目もあり手についたウィルスは手洗いによって洗い流すということです。
家にいる場合は安心かというとそうではありません。ウィルスは浮遊することになるため室内にもウィルスがいる可能性はあります。暖房などを使用して室内の空気が乾燥していると喉も乾燥してしまい感染しやすい状態になってしまうのです。家にいる場合の予防方法としてはできるだけ部屋を乾燥させないようにすることです。
加湿器などを使用して湿度を一定に保つというのは効果的です。そして何より体調を崩さないことです。栄養を取って睡眠も十分に取っておく事がインフルエンザ予防には必要です。